経営者のため息・・・

先日、経営者から「この時期は急な退職者が出てきて困るんだよね・・・」

とため息交じりで相談を受けました。

 

私は、このようなセリフを聞くと、すかさず質問します。

 

「社長、色んな理由から退職されるとのことですが、次の3つのうち

御社ではどれに該当する退職理由が多いですか?」

①不満型(待遇・給料に不満、同業他社へ移る、人間関係悪化など)

②旅立ち型(独立起業、キャリアチェンジなど)

③会社方針との方向性の違い

 

大抵の方は、少し考えた後に

「①だと思うよ」 と答えますが、

「本当にしっかりと本人から聞きました?」

とさらに突っ込むと「・・・・・」 となる方が多いですね。

 

退職希望の人とお話しすることは、とてもつらい一面もありますが、

ここは、経営者自らがしっかりとお話しするべき場面です。

どの理由で退職されるのか、それによって

会社としての対策も大きく異なってきますし、中には嘆く必要もない

ものもあるはずです。

退職される方からは、色んな話を聞くことができます。

今まで言えなかった話をしてもえることも多くあるようですし、

社長と直接お話ししたかった方には、自身の想いをお話しする

絶好の機会となりますね。

 

まず何よりは、経営者自らが本人としっかりお話しすることです。

その方が入社してきた時を思い出し、そして、退職する最後まで本人の想いを

正面からしっかりと聞いて下さい。

昨日まで、一緒に汗をかいて、自社サービスを開発・販売し、

同じお客様への運用フォローしてきた仲間だったのですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA