成功するための必須マインド。あきらめなければ成功したも同然

44パーセントは1回目の電話をかけてあきらめる

24パーセントは2回目の電話をかけてあきらめる

14パーセントが3回目の電話をかけてあきらめる

12パーセントが4回目の電話をかけてあきらめる

この数字をすべて足せば、 94パーセントの人が4回目の電話までであきらめることになります。

これはノートルダム大学のマーケティングのスペシャリストであるハーバード・トゥルー博士がセールスパーソンの実態に関する詳細な研究をもとに統計を発表したのです。

また、これに関して興味深い事実もあります。

すべての販売の60パーセントは 5回目以降の電話で成立しているのです。

つまりはすべてのセールスパーソンの 94パーセントが販売のチャンスの60パーセントを逃していることになります。

これはセールスに関する話しですが、よくよく考えてみれば人はみな各分野のセールスパーソンです。

なぜなら、自分のアイデアや能力、スキルを売って生計を立てているからです。

世界的な成功者ですらそうです。

要は、粘り強く、あきらめずに、続けられるかどうかです。

どんな分野であれ成功者は絶対にあきらめない。

成果が得られるまであきらめなければ成功したも同然。

あなたはこんな質問にどう答えますか?

「先に必ず成功があるとすれば、続けますか?辞めますか?」

こう質問すれば、少なくとも94パーセント以上の人は、

「続ける」 と答えるはずです。

さぁ、悩んでいる暇はない!

進むのみです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA