セールスのコツは本気で向き合うこと

さて、今日のテーマですが

客さんと本気で向き合っていますか?

ということなのですが、、、

 

私はこのような相談をよくいただきます。

それは、、、、

 

「私のセールスのどこが悪いのでしょうか?」

「私のクライアントにしたい人が来てくれないんです」

「私のサービスの良さが伝わらないんです」

などなど。

 

聞きたいことがたくさんある気持ちは、よくわかります。

 

でも、

 

「私の、、、私の!、、私の・・・」 と

みんな「私」が中心になっているのです。

 

この質問の仕方からも分かってしまうのですが、

ほぼ間違いなく、サービスの押し付けセールスになってしまっていると思われます。

 

ここで一つ質問です。

 

あなたは、誰のためにサービスを提供しようとしていますか?

 

「ビジネスなんだから、自分のためでは?」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、、、

 

それは大きな間違いです。

 

今、セールスが上手くいっていなくて悩んでいるあなたに言います。

 

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、

セールスの時は

 

100%相手のことを考えて本気で向き合ってみてください。

 

「本気でお客さんと会話をする」です。

「本気でセールスではありません。」

 

ここでは一旦セールスは忘れましょう。

 

あなたとお話しすることで相手の未来が大きく変わる!

 

そんな気持ちでお話ししてみてください。

 

セールスが失敗することであなたが機会損失するなら

お客さんにとっての機会損失はどの時点ですか?

 

お客さんはあなたと会話をして

 

「よかった。」

「何か見えた。」

「楽しかった。」

「モチベーションが上がった。」

 

と感じれない時が機会損失なのです。

 

逆に言えば

このようなことをお客さんが感じてくれれば、きっとあなたのことを信頼して、あなたの話も聞いてくれるようになるはずです。

 

相手をしっかりとみて、本気で会話をする。

 

これだけでセールスに変化が起こる人もいると思います。

 

あなたも是非意識してみてくださいね!

 

それではまた^^