メンバーのキャリアプランを語れるか?

この時期になると経営者から人事考課(ボーナス査定)についての

相談をよく受けることがあります。

ボーナス支給の時期ですね(^^

相談内容は様々です。

・自己評価が高いメンバーに対してどのように低評価を伝えるか

・業績があまりよくない為、ボーナス額が昨年より少なくなりそうだが
 それについてどう思うか? どのようにメンバーに伝えるのが良いか?

・もっと頑張ってもらえれば、もっとボーナスを支給できることを
 伝えたいが、どのような制度や仕組みにすればそれを本当に理解
 してもらえるのか

・ボーナス査定の近くになると、その時だけよく働くメンバーがいる。
 なめられているのは、よくわかっているがどのように対応すべきか。

・古参より若手に多くのボーナスを支給したい。 
どのような制度と説明が必要なのか。

などなど他にも内容はたくさんあります。

中には、記事にできないような深刻なものであったり、
本当におどろいてしまう内容のものもあります。

残念ながらここではお話しできませんが(*^_^

ひととおり相談に乗った後、私は必ず次の2つの質問をします。

是非、あなたも答えてみて下さい。

 

①メンバーの能力、行動や業績で「足りない部分」はどのような部分ですか?

②メンバーがどのようなキャリアプランを描いているかご存知ですか?

どうでしょうか。

①についての回答は、必ずと言っていいほどあるパターンに則った返事になります。

何だと思いますか。 

それは、全て「経営者目線」 となっている。 というものです。

 

Aさん、Bさん、Cさんというそれぞれのメンバ―に対して

「会社運営をしている経営者の視点」から見て、
何が足りないかを指摘してしまいます。

 

当然ながら、AさんもBさんもCさんも「経営者」ではありません。 
頻繁に「社員のみんなが経営者の視点を持って仕事を進めてほしい。」 

と発言されている場面を見ますが、それは

ある特定のセクションで、

ある特定のシーンで、

ある特定のアイディア創出の時に、   の話だと思います。

いつもいつも経営者目線で仕事をしているメンバーは残念ながらほぼいません。
正確に言うと、そんなことはできません。 

メンバーはメンバーで与えられたポジションと役割で考えるべきことが
あるはずですから。

次に②の質問です。

この質問に対しては、「無言」になります。。。

それか、「きっと何も考えてないよ。」 という残念な回答が多いです。

何も考えていないメンバーなんていません。 
何も考えていないのは、そのように回答してしまう経営者の方かもしれません。

「社長は私たちのこと何もわかってくれないし、気にもしていないよ。」

という声が聞こえて来てしまいそうですね。

 

メンバーを正しく評価するには、

① メンバーが思い描いている「キャリアプラン」を理解する

② 会社が求めている役割、業績、目標を共有する

③ キャリアプランを実現させるための道筋や歩み方、
  効果のある方法や選択、道しるべとなる指標を
  ともに設定する

④ ②に足りていない部分、外れている部分を分析し、
  感情的ではなく、冷静に理解できるように伝える

⑤ ②を達成するために日々の行動に修正を加える

というプロセスが事前に必要です。

これがあってこそ、正しい評価と本人が納得いく評価ができます。

評価の仕方によって、そこから先のメンバーの成長度合いが
大きく変わってきます。

人事考課、たったひと月ほどで終わる定例業務だと思いますが、
少し過激な言い方をすれば、その評価のやり方で、

「メンバーを活かすもダメにするもそれはあなた次第」

ということになるのです。 

 

メンバーが思い描いているキャリアプランを本当に理解されていますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA