成功のカギは、経営を〇〇しているかどうか

仕事は楽しいですか

経営を楽しんでいますか

 

これはとても大切な質問です。

私は今までビジネスで納得のいく結果を出してきた多くの経営者と話しをしてきました。

皆さんから共通して感じたのは、

「仕事が面白くておもしろくてたまらない」と思ってらっしゃるということでした。

黙っていても、その雰囲気をビシビシ感じました。

特に人を育てることが上手な人は仕事を格段に面白くさせるスキルがあります。

メンバーに仕事の本当の目的、価値を伝え、それを成し遂げることの意味付けを

しっかりと行い、徹底的にサポートしていきます。

そして、結果的にはその本人の中に仕事に対する充実感、その人生の納得感を醸成していきます。

逆にうまくメンバーをマネジメントできない人は、「have to」、つまり、「ねばならない」という考え方

をメンバーに植え付けてしまいます。そこに、「want to」 は、ありません。

仮にメンバーが目標を達成したとしても、そこに充実感はないでしょう。

もちろん仕事を面白いとは感じないでしょうし、そこにはギリギリの安堵感しかないでしょう。

同じ結果を得たのに、です。

上司に言われたことだけをただやっている。仕事が面白くないのは当然です。

人を育てることが上手な人はよく知っています。

個性的なメンバーであればある程、育てるのが楽しく、その成果・成長も大きいということ。

本当に優秀なリーダーというのは、個性的なメンバーを立派に育てることを生きがいにして

いるくらいの人だと思います

本当に心の底から

仕事を面白くすること。経営を楽しむこと。

 

そんな単純なことが、ビジネスで良い結果を残す秘けつなのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA