習慣の大切さとその威力

 

今回は、私の日々の仕事の中で、度々驚かされる経営者の「習慣」 についてその大切さを書こうと思います。

経営状態をV字回復、もしくは大幅な売上げアップさせたい場合などに、この「習慣」がkey(カギ)になることがしばしばあります。

これは、会社としての習慣 であっても、経営者の習慣であっても、そこはそれほど関係ありません。

特に他者が、到底、真似できない又は追いつけないような習慣を持っている場合は、これがとてつもない武器になることがしばしばあります。

そして、その習慣とは、突き抜けた程度のものであればあるほど、本人の日常に馴染んでしまっているために、実は、武器になることに全く気付いていないことがほとんどです。

どんなビジネスにも停滞期や低迷期がつきものですが、そのようないわゆる「息詰まった時」というのは、とかく新しい事や新手法に手を出そうとしてしまいます。

その代償として、実は武器になる「習慣」をいとも簡単に捨ててしまうこともあるのです。 本当にもったいないことです。

これを読んでいただいている方も、是非、「あなたの習慣」を見つめてみましょう。

どんな些細なことでもOKです。 クセになっているくらいずっと行っていること。 それが、記録に残っていないようなものでもいいと思います。

あなただけの習慣は、とてつもない武器になり、それが使命やミッションもしくは、強みとシンクロした瞬間から、その威力を大いに発揮します。

まずは、自身の習慣を認識すること。 そして、それを絶対辞めずに続けること。

人が諦める程度では、絶対辞めず、

人ができない程度まで、追求し、

人があきれるくらいまで、好きになり

人が追いつけないところまで、突き抜ける

これが日々の習慣というカタチで実現でき、長きにわたり継続できるものならば、あなたは目標を必ず達成できると思います。

実際に私のクライアントで、この「本人が気づいていなかった習慣」を再認識し、それを武器として活用したことで、とてつもなく大きな威力を発揮した例がいくつもあります。

威力を発揮するシーンや分野はさまざまです。 でも、必ずあなたの武器になります。

人は、1つや2つは、他者に真似できない、突き抜けた習慣を持っていると言われています。

万が一、見つからないようであれば、今この瞬間から、日々の習慣に敏感になってみましょう。 

そして、見つかったならば強い気持ちで継続することです。

必ずやあなたを飛躍させるkeyになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA