放置することでとんでもなく面倒なモンスターになってしまうこと

重要ではないけど、急を要するタスクの数々。

一つ一つは重要ではないけど、毎日少しづつ

積み重なっていき、ギリギリまで放置しておくと

とんでもないトラブルに発展するモノ・コト。

ビジネスマンであれば、どんな人にも思いつくコトが
あるはずです。

「毎月〆日までに経理に提出しなくてはいけない交通費の精算伝票」

「来月の出張の新幹線チケット予約」

「お客様への会食のお礼状郵送」

「久しぶりにご挨拶に伺いたいお客様へのメール」 などなど

是非、あなたにお勧めしたいのは、これらの小さなモンスターを
意識的にスケジュールの隙間時間に書き込んで早く片付けていくことです。

スケジュールの隙間時間とは、例えば、会議と会議の隙間時間。

わずか10分だからと言って、一服のため喫煙室に駆け込んでませんか?

わずか10分だからと言って、あまり飲みたくもない、本日3杯目の
コーヒーを買いに喫茶店まで無意識に向かっていませんか?

「あっそれ、もう終わったよ。ずいぶん前に終わらせちゃったよ」

という人、周りにいますよね? 

このような「できる人」は、隙間時間をうまく使っています。

なぜならば、小さなタスクモンスターをギリギリまで放置しておくと
直前でとんでもないことなり、トラブルまで発展することを知っているからです。

放置しておくと、のちのち余計な仕事を自らが増やしてしまう結果となります。

たった5日前に新幹線のチケットを予約しておけば、、、
(チケットが取れずに出張予定を全部変更しなければならない!)

訪問依頼のメールをたった1本送っておけば、、、
(相手方が長期主張に入ってしまい、全然アポが取れなくなった!)

たった2分で書類を作成し、経理にもって行けば、、、
(出張の交通費精算が間に合わず、他部署にも迷惑)

小さなタスクモンスターは、

「とにかく早め早めに手を付けてしまう。」

ということが先決なのです。

手を付けさえすれば、簡単に終えることが出来るものばかりです。

そして、これらを次々に先手を打って片付けていると、スッキリとした

気持ちで過ごせるようになり、メモしていたタスクを二重線で消すこと

により、さらなる達成感を味わうことができます。

是非、明日から毎日のスケジュールに取り入れてみて下さい。
思わぬ効果をもたらすことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA